【中卒宅建講座】権利関係 『虚偽表示による意思表示の効果』

応援クリックしていただけると嬉しいです↓

にほんブログ村 宅建試験

どうも。

中卒宅建講座講師のユウスケです。

今回は

『虚偽表示による意思表示の効果』

についてお話します。

『虚偽表示』(きょぎひょうじ)とは
相手方とグルになってうそ(虚偽)の
意思表示をすることです。

(通謀虚偽表示と言ったりもします)

たとえば

Aが持っている土地を第三者からの差し押さえから免れるため
Bに頼んで、架空の売買契約を締結したような場合です。

代替えテキスト

このような売買契約の場合は、本当に売買する意思はありません。

なので表面上は契約しているようにみえますが
意思と表示が一致していません。

したがって、虚偽表示による意思表示は『無効』と
されています。

『虚偽表示による意思表示は原則として無効』

詐欺や強迫の場合は『取消すことができる』ことに
なっていますが
虚偽表示の場合は『無効』になるので取消すこともなく
初めから契約はなかったことになります。

取り消しと無効の違いは注意しましょう。

次に

虚偽表示による無効は、第三者に対しても主張する
ことができるのか?という問題があります。

たとえば

Aが所有している土地をAB間で虚偽表示による
売買契約が行われました。

その後、Bがさらにその土地をCに売りました。

代替えテキスト

このような場合にAは無効を主張してCに
「その土地は僕のだから返してくれ」と
言えることができるのか?ということです。

AB間の契約が虚偽表示であるとCが知らなかった場合
(善意)は、Cには何の落ち度もありません。

それに対してAには、ウソをついて表面上だけの
売買契約を締結したという大きな落ち度があります。

なのでAとCと比べた場合にCを保護することに
したのです。

なお、Cが悪意の場合は詐欺と同様に、Cを保護する必要は
ありません。

なのでこの場合は、Aは無効を主張することができます。

結論

『虚偽表示による無効は、善意の第三者には
 対抗することができない』

『虚偽表示による無効は、悪意の第三者には
 対抗することができる』

今回もわかりやすく動画を作成しました。

【中卒宅建講座】権利関係 『虚偽表示による意思表示の効果』



★「今日の記事は役に立った!」という場合には、

ぜひクリックしていただけると助かります↓

にほんブログ村 資格ブログ 宅建試験へ

にほんブログ村

宅建についてご質問があれば

tyuusotutakkenn@gmail.com

までお願いします。

できるだけ具体的にして頂けると助かります。

最後まで読んでくれて有難うございました。

それでは、また更新します。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

          

あわせてに読みたい関連記事

          

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ