【中卒宅建講座】権利関係 『弁済とは?』

応援クリックしていただけると嬉しいです↓

にほんブログ村 宅建試験

どうも。

中卒宅建講座講師のユウスケです。

今回は『弁済』についてお伝えしていきます。

弁済とは

債務者が債務の内容である給付を実行すること

です。

今回の講義をわかりやすく動画にしたのはコチラ

             



【中卒宅建講座】権利関係 『弁済とは?』

たとえば

BがAから100万円を借りていた場合にBがAに
100万円を返すような行為のことを弁済といいます。

債務者である、Bが負っている「100万円を返さなければならない」
という債務を、「BがAに100万円を返す」という内容どおりに
BがAに100万円を返すことです。

ほかには

Aが所有している建物をBに売却をした場合にAがBに
この建物を引き渡すような行為も弁済といいます。

この弁済と同じような意味で『履行』という言葉がありますので
弁済を履行と言い換えてもいいでしょう。

「Bは債務を履行した」といった感じです。

お金の返すという金銭債務であろうが

物を引き渡すという引渡債務であろうが

要は債務者が債務の内容である給付を実行することを弁済といい
弁済をすると債務は消滅します。

弁済をすることで債権者は満足するので
債務は消えてなくなるということです。

次に

代物弁済』についてお伝えします。

代物弁済とは、代わりのもので弁済することです。

たとえば

BがAから100万円を借りていた場合にBがAに
100万円を返すかわりに、高級腕時計で弁済する場合です。

しかし、この場合いくら高級な時計であったとしても
Aからすれば全くいらない腕時計をもらっても困ります。

なので代物弁済は

債権者の承諾が必要

となっています。

Aが「その腕時計ならいいよ」と承諾をしてくれないと
Bは代物弁済することはできないということです。

最後に

供託』についてお伝えします。

供託とは弁済の目的物を供託所に預けることです。

たとえば
BがAから100万円を借りていた場合にBが供託所に
100万円を預けるような場合です。

なぜこのようなことをするのかというと
弁済の目的物を供託所に預けると弁済をしたのと同じ効果が生じ
債務が消滅します。

Bが100万円を返そうとしているのにAが受け取ってくれなかったり
Bが100万円を返そうとしているのにAが行方不明で渡すことが
できなかった場合、Bは悪くないのにBの債務は消えません。

債務があるとあとあとなにかしらの責任を負わされるかもしれません。

それでは困るのでこの様な場合に債務を消滅させるために
弁済の目的物を供託所に預けることができます。

弁済の目的物を供託所に預けると弁済をしたのと同じ効果が生じ
債務が消滅します。

供託

①債権者が弁済の受領を拒んだり

②債権者が弁済を受領する事ができないときに

することができます。

★「今日の記事は役に立った!」という場合には、

ぜひクリックしていただけると助かります↓

にほんブログ村 資格ブログ 宅建試験へ

にほんブログ村

宅建についてご質問があれば

tyuusotutakkenn@gmail.com

までお願いします。

できるだけ具体的にして頂けると助かります。

最後まで読んでくれて有難うございました。

それでは、また更新します。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

          

あわせてに読みたい関連記事

          

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ