【中卒宅建講座】『受領権限のない者にした弁済』

応援クリックしていただけると嬉しいです↓

にほんブログ村 宅建試験

どうも。

中卒宅建講座講師のユウスケです。

今回は

受領する権限のないものに対する弁済について
お伝えしていきます。

たとえば

BがAから借りていた10万円を、受け取る権利を
もっていないCに返したような場合です。

今回の講義をわかりやすく動画にしたのはコチラ

             



【中卒宅建講座】『受領権限のない者にした弁済』

弁済は、受領する権限がある債権者などに弁済をすれば
債務は消滅します。

債務者Bが債権者Aに10万円をきちんと返せばBの
債務は消えることになります。

しかし、Bが、なんも関係のないCに10万円を支払って
Aに対して「10万円払ったのでもう返さなくていいよね」
となると、Aからすれば大迷惑です。

なので

【弁済を受領する権限のない人に対してした弁済は
 原則として無効】

となっています。

BがCに10万円払ったとしても、もう一度10万円をAに
支払わなければなりません。

では、いかにも受領権限があるかのような人に
弁済したときはどうなるのでしょうか。

これについては

【債権の準占有者、または受取証書の持参人に善意無過失
 でした弁済は有効になる】

としています。

債権の準占有者とはたとえば

銀行に預金通帳と届出印を持ってきた者のように見た目が
いかにも債権者のように見えるものです。

受取証書とは、要は領収書のことです。

このような人達に善意無過失でした弁済は
有効
になるとしています。

★「今日の記事は役に立った!」という場合には、

ぜひクリックしていただけると助かります↓

にほんブログ村 資格ブログ 宅建試験へ

にほんブログ村

宅建についてご質問があれば

tyuusotutakkenn@gmail.com

までお願いします。

できるだけ具体的にして頂けると助かります。

最後まで読んでくれて有難うございました。

それでは、また更新します。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

          

あわせてに読みたい関連記事

          

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ