【中卒宅建講座】『弁済の充当』と『弁済による代位』

応援クリックしていただけると嬉しいです↓

にほんブログ村 宅建試験

どうも。

中卒宅建講座講師のユウスケです。

今回は

『弁済の充当』『弁済による代位』

についてお伝えしていきます。

まずは「弁済の充当」についてです。

たとえば

AがBに対して、30万円の債権と10万円の債権という別々の債権を
持っていたとします。

今回の講義をわかりやすく動画にしたのはコチラ

             



【中卒宅建講座】『弁済の充当』と『弁済による代位』

このような場合にBが、10万円を支払ったときにどちらの債権に
充当するのか?
という問題があります。

どちらの債権に充当するかを選択する権利は

『一番目は弁済者が指定することができます』

上記の例でいうと弁済者であるBが指定した債権に充当
されることになります。

2番目に、弁済者の指定がないときは
『弁済を受ける者が指定することができます』

上記の例でいうとBが指定しないときは弁済受領者であるAが
指定した債権に充当されることになります。

つぎに「弁済による代位」についてです。

弁済による代位とは、弁済により債権者の地位が弁済者に
代わる
ということです。

たとえば

Bが、Aから100万円借りていた場合に、CがBの
代わりにAに対して弁済をしたときは、CはBに対して
100万円支払えと請求することができます。これを求償といいます。

このときBが所有する土地にAのために抵当権が設定されていたとします。

Cが弁済したことにより、AのBに対する抵当権を行使できる地位もCが
代わって抵当権を行使できるのかということです。

この点について民法は

【弁済をするについて正当な利益を有するものは
 弁済によって当然に債権者に代位する】

としています。

要は上記のようなCが、保証人になっていた場合のように
法律上の利害関係があれば自動的にAの地位をCが代位して
抵当権を行使することができるということです。

逆にCが単にBの親だった場合などは法律上の利害関係がないので
Aの承諾がなければ代位することはできません。

★「今日の記事は役に立った!」という場合には、

ぜひクリックしていただけると助かります↓

にほんブログ村 資格ブログ 宅建試験へ

にほんブログ村

宅建についてご質問があれば

tyuusotutakkenn@gmail.com

までお願いします。

できるだけ具体的にして頂けると助かります。

最後まで読んでくれて有難うございました。

それでは、また更新します。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

          

あわせてに読みたい関連記事

          

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ