【中卒宅建講座】権利関係 『相殺』

応援クリックしていただけると嬉しいです↓

にほんブログ村 宅建試験

どうも。

中卒宅建講座講師のユウスケです。

今回は

相殺』についてお伝えしていきます。

相殺とはたとえば、AがBに対して100万円の債権を有していたところ
反対にBもAに50万円の債権を有していたとします。この様な場合は
互いにお金を払いあうのは効率がよくありません。そこで実際に金銭を
動かさずお互いの債権を帳消しにしてしまうのが、相殺という制度です。

今回の講義をわかりやすく動画にしたのはコチラ

             



【中卒宅建講座】権利関係 『相殺』

相殺の意思表示をした者が有する債権を『自働債権』といい相殺の
意思表示を受けた者が有する債権を『受働債権』という。

相殺をするためには、自働債権が弁済期にある必要がある。
相殺できる状態のことを『相殺適状』という。

たとえば、Aの債権は弁済期で、Bの債権は弁済期ではない場合
Aからの相殺は認められるが、Bからの相殺は認められない。

【自働債権の弁済期が到来すれば、受働債権の弁済期が
 到来していなくても、相殺できる】

相殺ができない場合としては

①同時履行の抗弁権の付着する債権を自働債権として
 相殺することはできない。

②債務が不法行為によって生じたときは、その債務者は(加害者)は
 相殺を持って債権者(被害者)に対抗することができない。

 つまり、不法行為の加害者側からの相殺はできないが、被害者からの
 相殺はできる。

③AのBに対する債権をAの債権者Cが差し押さえた場合に
 Bは相殺できるか?

 受働債権の差押後に、自働債権を取得した場合
 相殺することはできない。

相殺の方法と効果

①相殺は、当事者の一方から相手方に対する意思表示によってする
 相殺の意思表示には、条件や期限を付することができない

②相殺の意思表示は、双方の債務が互いに相殺適状になったときに
 さかのぼって
、その効力を生ずる

③時効によって消滅した債権がその消滅以前に相殺適状になって
 いた場合
は、その債権者は、相殺をすることができる

★「今日の記事は役に立った!」という場合には、

ぜひクリックしていただけると助かります↓

にほんブログ村 資格ブログ 宅建試験へ

にほんブログ村

宅建についてご質問があれば

tyuusotutakkenn@gmail.com

までお願いします。

できるだけ具体的にして頂けると助かります。

最後まで読んでくれて有難うございました。

それでは、また更新します。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

          

あわせてに読みたい関連記事

          

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ