【宅建・過去問】 『弁済』  H17 問7

応援クリックしていただけると嬉しいです↓

にほんブログ村 宅建試験

こんにちは

中卒宅建講座講師のユウスケです。

今回は権利関係のなかで『弁済』に関する
平成17年度の問7を解説していきます。

【問7】Aは、土地所有者Bから土地を賃借し、その土地上に建物を所有して
    Cに賃貸している。AのBに対する借賃の支払債務に関する次の記述
    のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものはどれか。

今回の講義をわかりやすく動画にしたのはコチラ

             



【中卒宅建講座】権利関係 重要過去問題 『弁済』  H17 問7

★1 Cは、借賃の支払債務に関して法律上の利害関係を有しないので、Aの
意思に反して、債務を弁済することはできない。

[☆解説]

【利害関係を有しない第三者は、債務者の意思に反して
 弁済をすることができない】

としています。

なので、Cが土地所有者Aとの間に法律上の利害関係を有していないなら
Cは、債務者Aの意思に反して弁済することはできません。

しかし

【借地上の建物の賃借人は、敷地の地代の弁済について法律上の
 利害関係を有する】

となっているので、借地上の建物の賃借人であるCは
法律上の利害関係を有しています。

なのでCは、Aの意思に反し債務を弁済することができます。

よって「できない」とするこの問題は誤りです。

★2 Aが、Bの代理人と称して借賃の請求をしてきた無権限者に対し債務を
   弁済した場合、その者に弁済受領権限があるかのような外観があり、A
   がその権限があることについて善意、かつ、無過失であるときは、その
   弁済は有効である。

[☆解説]

【弁済を受領する権限のない人に対してした弁済は原則として無効】

となっています。

ただし

【債権の準占有者、または受取証書の持参人に善意無過失
 でした弁済は有効になる】

としています。

債権の準占有者とは、見た目がいかにも債権者のように見える者のことです。

この準占有者のなかには、債権者の代理人であると詐称したものも含むので
Aが、準占有者に善意無過失でした弁済は有効になります。

よって「有効である」とするこの問題は正しいです。

★3 Aが、当該借賃を額面とするA振出しに係る小切手 (銀行振出しではな
   いもの) をBに提供した場合、債務の本旨に従った適法な弁済の提供と
   なる。

[☆解説]

この問題は重要度は高くないので簡単におさえておきましょう。

小切手は、銀行が振り出したものや、銀行が支払いの保障をしているもの
などは弁済として認められますが、債務者自身が振り出したような場合は
換金することができない場合があるので原則として弁済として
認められません。

よって「認められる」とするこの問題は誤りです。

★4 Aは、特段の理由がなくとも、借賃の支払債務の弁済に代えて、Bのた
   めに弁済の目的物を供託し、その債務を免れることができる。

[☆解説]

供託は

①債権者が弁済の受領を拒んだり

②債権者が弁済を受領する事ができないときに

することができます。

このような特段の理由がないのに、Aは供託をすることはできず
その債務を免れることはできません。

よって「できる」とするこの問題は誤りです。

★「今日の記事は役に立った!」という場合には、

ぜひクリックしていただけると助かります↓

にほんブログ村 資格ブログ 宅建試験へ

にほんブログ村

宅建についてご質問があれば

tyuusotutakkenn@gmail.com

までお願いします。

できるだけ具体的にして頂けると助かります。

最後まで読んでくれて有難うございました。

それでは、また更新します。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

          

あわせてに読みたい関連記事

          

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ