権利関係 重要過去問題 『代理』  H16 問2

応援クリックしていただけると嬉しいです↓

にほんブログ村 宅建試験

どうも。

中卒宅建講座講師のユウスケです。

今回は権利関係の中の『代理』についての
重要過去問題を解説していきます。

〔問2〕B所有の土地をAがBの代理人として,Cとの間で売買契約を締結
した場合に関する次の記述のうち,民法の規定及び判例によれば,
正しいものはどれか。

この投稿の続きを読む »

タグ

権利関係 重要過去問題 『代理』  H18 問2

応援クリックしていただけると嬉しいです↓

にほんブログ村 宅建試験

どうも。

中卒宅建講座講師のユウスケです。

今回は権利関係の中の『代理』についての
重要過去問題を解説していきます。

【問2】AはBの代理人として、B所有の甲土地をCに売り渡す売買契約
をCと締結した。しかし、Aは甲土地を売り渡す代理権は有して
いなかった。この場合に関する次の記述のうち、民法の規定及び
判例によれば、誤っているものはどれか。

この投稿の続きを読む »

タグ

権利関係 重要過去問題 『代理』  H20 問3

応援クリックしていただけると嬉しいです↓

にほんブログ村 宅建試験

どうも。

中卒宅建講座講師のユウスケです。

今回は権利関係の中の『代理』についての
重要過去問題を解説していきます。

【問3】AがBの代理人としてB所有の甲土地について売買契約を締結した
場合に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正し
いものはどれか。

★1 Aが甲土地の売却を代理する権限をBから書面で与えられている場合、
A自らが買主となって売買契約を締結したときは、Aは甲土地の所有権を当然
に取得する。

この投稿の続きを読む »

タグ

権利関係 重要過去問題 『代理』  H13 問8

応援クリックしていただけると嬉しいです↓

にほんブログ村 宅建試験

どうも。

中卒宅建講座講師のユウスケです。

今回は権利関係の中の『代理』についての
重要過去問題を解説していきます。

〔問8〕Aが,B所有の建物の売却(それに伴う保存行為を含む。 )について
Bから代理権を授与されている場合に関する次の記述のうち,民法の
規定及び判例によれば,正しいものはどれか。

★1 Aが,Bの名を示さずCと売買契約を締結した場合には,Cが,売主は
Bであることを知っていても,売買契約はAC間で成立する。

この投稿の続きを読む »

タグ

権利関係 重要過去問題 『代理』  H17 問3

応援クリックしていただけると嬉しいです↓

にほんブログ村 宅建試験

どうも。

中卒宅建講座講師のユウスケです。

今回は権利関係の中の『代理』についての
重要過去問題を解説していきます。

【問3】 買主Aは、Bの代理人Cとの間でB所有の甲地の売買契約を
     締結する場合に関する次の記述のうち、民法の規定によれば
     、正しいものはいくつあるか。

★ア CがBの代理人であることをAに告げていなくても、Aがその旨
を知っていれば、当該売買契約によりAは甲地を取得することができる。

この投稿の続きを読む »

タグ

【中卒宅建講座】権利関係 『代理③』

応援クリックしていただけると嬉しいです↓

にほんブログ村 宅建試験

どうも。

中卒宅建講座講師のユウスケです。

今回は前回に引き続き『代理』第三回目の講義をはじめます。

まずは、『無権代理と相続の関係』についてです。

本人A、無権代理人B、相手方Cという事例で考えていきます。

相続は後でくわしくしますが簡単にいえば、みなさんが知っている
常識的なことで間違いありません。

この投稿の続きを読む »

タグ

【中卒宅建講座】権利関係 『代理②』

応援クリックしていただけると嬉しいです↓

にほんブログ村 宅建試験

どうも。

中卒宅建講座講師のユウスケです。

今回は前回に引き続き『代理』第二回目の講義をはじめます。

まずは『無権代理』です。

無権代理とは、代理権を有しないものが代理行為を
行うことをいいます。

たとえば本人Aがなにも頼んでないのにAの土地を
Bが勝手に「僕はAの代理人のBです」と言って
Cと売買契約を締結したような場合です。

この投稿の続きを読む »

タグ

重要過去問題 『制限行為能力者』  H15 問1

応援クリックしていただけると嬉しいです↓

にほんブログ村 宅建試験

どうも。

中卒宅建講座講師のユウスケです。

今回は権利関係の中の『制限行為能力者』についての
重要過去問題を解説していきます。

〔問〕意思無能力者又は制限行為能力者に関する次の記述のうち,民法の
規定及び判例によれば,正しいものはどれか。

★1 意思能力を欠いている者が土地を売却する意思表示を行った場合,そ
の親族が当該意思表示を取り消せば,取消しの時点から将来に向かって無
効となる。

この投稿の続きを読む »

タグ

重要過去問題 『制限行為能力者』  H17 問1

応援クリックしていただけると嬉しいです↓

にほんブログ村 宅建試験

どうも。

中卒宅建講座講師のユウスケです。

今回は権利関係の中の『制限行為能力者』についての
重要過去問題を解説していきます。

【問】自己所有の土地を売却するAの売買契約の相手方に関する次の記述
   のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものはどれか。

★ 買主Bが被保佐人であり、保佐人の同意を得ずにAとの間で売買契約
を締結した場合、当該売買契約は当初から無効である。

この投稿の続きを読む »

タグ

重要過去問題 『制限行為能力者』  H20 問1

応援クリックしていただけると嬉しいです↓

にほんブログ村 宅建試験

どうも。

中卒宅建講座講師のユウスケです。

今回は権利関係の中の『制限行為能力者』についての
重要過去問題を解説していきます。

【問】 行為能力に関する次の記述のうち、民法の規定によれば、正
    しいものはどれか。

★ 成年被後見人が行った法律行為は、事理を弁識する能力がある状態
で行われたものであっても、取り消すことができる。ただし、日用品の
購入その他日常生活に関する行為については、この限りではない。

この投稿の続きを読む »

タグ

このページの先頭へ