【中卒宅建講座】権利関係 『売主の担保責任』について③

応援クリックしていただけると嬉しいです↓

にほんブログ村 宅建試験

どうも。

中卒宅建講座講師のユウスケです。

今回は前回に引き続き

『売主の担保責任』

の第3回目の講義をします。

前回、前々回で売主の担保責任には6種類あると
いいました。

覚えるのは大変です。

この投稿の続きを読む »

タグ

2013年1月4日 | コメント/トラックバック(1) |

カテゴリー:宅建の勉強法

【中卒宅建講座】権利関係 『契約の解除』について

応援クリックしていただけると嬉しいです↓

にほんブログ村 宅建試験

どうも。

中卒宅建講座講師のユウスケです。

今回は

『契約の解除』

についてお伝えしていきます。

契約の解除とは、有効に成立した契約の効力を
なくすことです。

要は、契約は最初からなかったことになります。

この投稿の続きを読む »

タグ

【中卒宅建講座】権利関係 『金銭債権の特則』について

応援クリックしていただけると嬉しいです↓

にほんブログ村 宅建試験

どうも。

中卒宅建講座講師のユウスケです。

今回は

『金銭債務の特則』

についてお話していきます。

債務には者を引き渡す債務や、金銭を支払う債務など
いろいろな債務が存在しています。

そのなかで金銭を支払う債務は特別な扱いがされています。

お金と言うのは経済取引の基本であり、お金そのもの自体には
なんの個性がないからです。

この投稿の続きを読む »

タグ

【中卒宅建講座】権利関係 『損害賠償』について

応援クリックしていただけると嬉しいです↓

にほんブログ村 宅建試験

どうも。

中卒宅建講座講師のユウスケです。

今回は

『損害賠償』

についてお伝えしていきます。

債務不履行である履行遅滞履行不能が成立して
損害が発生したときは、債権者は債務者に対して
損害賠償を請求することができます。

この投稿の続きを読む »

タグ

【中卒宅建講座】権利関係 『履行不能が成立する要件』

応援クリックしていただけると嬉しいです↓

にほんブログ村 宅建試験

どうも。

中卒宅建講座講師のユウスケです。

今回は

『履行不能が成立するための要件』

についてお伝えしていきます。

履行不能が成立するための要件は

①履行が不可能になったこと

②債務者の責めに帰すべき事由があること

です。

この投稿の続きを読む »

タグ

【中卒宅建講座】権利関係 『履行遅滞が成立する要件』

応援クリックしていただけると嬉しいです↓

にほんブログ村 宅建試験

どうも。

中卒宅建講座講師のユウスケです。

今回は

『履行遅滞が成立するための要件』

についてお伝えしていきます。

履行遅滞が成立するための要件は

①履行期を過ぎたこと

②債務者の責めに帰すべき事由があること

③履行しないことが違法であること

の3つです。

この投稿の続きを読む »

タグ

【中卒宅建講座】権利関係 『相殺』

応援クリックしていただけると嬉しいです↓

にほんブログ村 宅建試験

どうも。

中卒宅建講座講師のユウスケです。

今回は

相殺』についてお伝えしていきます。

相殺とはたとえば、AがBに対して100万円の債権を有していたところ
反対にBもAに50万円の債権を有していたとします。この様な場合は
互いにお金を払いあうのは効率がよくありません。そこで実際に金銭を
動かさずお互いの債権を帳消しにしてしまうのが、相殺という制度です。

この投稿の続きを読む »

タグ

【中卒宅建講座】不公平をなくせ!『同時履行の抗弁権.』

応援クリックしていただけると嬉しいです↓

にほんブログ村 宅建試験

どうも。

中卒宅建講座講師のユウスケです。

今回は

同時履行の抗弁権

についてお伝えしていきます。

【双務契約の当事者の一方は、相手方がその債務の履行を提供
 するまでは、自己の債務の履行を拒むことができる】

となっています。

この投稿の続きを読む »

タグ

【中卒宅建講座】『弁済の充当』と『弁済による代位』

応援クリックしていただけると嬉しいです↓

にほんブログ村 宅建試験

どうも。

中卒宅建講座講師のユウスケです。

今回は

『弁済の充当』『弁済による代位』

についてお伝えしていきます。

まずは「弁済の充当」についてです。

たとえば

AがBに対して、30万円の債権と10万円の債権という別々の債権を
持っていたとします。

この投稿の続きを読む »

タグ

【中卒宅建講座】『受領権限のない者にした弁済』

応援クリックしていただけると嬉しいです↓

にほんブログ村 宅建試験

どうも。

中卒宅建講座講師のユウスケです。

今回は

受領する権限のないものに対する弁済について
お伝えしていきます。

たとえば

BがAから借りていた10万円を、受け取る権利を
もっていないCに返したような場合です。

この投稿の続きを読む »

タグ

このページの先頭へ