【中卒宅建講座】権利関係 『弁済とは?』

応援クリックしていただけると嬉しいです↓

にほんブログ村 宅建試験

どうも。

中卒宅建講座講師のユウスケです。

今回は『弁済』についてお伝えしていきます。

弁済とは

債務者が債務の内容である給付を実行すること

です。

この投稿の続きを読む »

タグ

【中卒宅建講座】シンプル解説 『債権』と『債務』

応援クリックしていただけると嬉しいです↓

にほんブログ村 宅建試験

どうも。

中卒宅建講座講師のユウスケです。

今回は、権利関係を学習していく上で

いろいろな場面で登場する

債権』と『債務』という用語について

お伝えしていきます。

この投稿の続きを読む »

タグ

2012年12月14日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:宅建の用語解説

【中卒宅建講座】権利関係 『代理①』

応援クリックしていただけると嬉しいです↓

にほんブログ村 宅建試験

どうも。

中卒宅建講座講師のユウスケです。

今回は『代理』についてお話します。

代理については3回の講義に分けてお伝えしていきます。

代理とは契約などの行為を本人に代わって
することをいいます。

たとえば
Aさんは持っている土地を売りたいと思っています。

この投稿の続きを読む »

タグ

【中卒宅建講座】権利関係 『制限行為能力者とは?②』

応援クリックしていただけると嬉しいです↓

にほんブログ村 宅建試験

どうも。

中卒宅建講座講師のユウスケです。

今回は前回に引き続き『制限行為能力者』
についてお話していきます。

まずは
『成年被後見人』です。

成年被後見人とは精神上の障害により

①事理を弁識する能力を『欠く』状況の者であって

②家庭裁判所から後見開始の審判を受けた者
をいいます。

この投稿の続きを読む »

タグ

【中卒宅建講座】権利関係 『制限行為能力者とは?①』

応援クリックしていただけると嬉しいです↓

にほんブログ村 宅建試験

どうも。

中卒宅建講座講師のユウスケです。

今回は
『制限行為能力者』について
お話していきます。

制限行為能力者という制度は
判断をする能力がない人が行った契約などを
取消せるという制度です。

例えば小学生が何か大きな買い物をするのは危険です。

この投稿の続きを読む »

タグ

【中卒宅建講座】権利関係 『強迫による意思表示の効果』

応援クリックしていただけると嬉しいです↓

にほんブログ村 宅建試験

どうも。

中卒宅建講座講師のユウスケです。

今回は

『強迫による意思表示の効果』

について説明します。

『強迫』とは人をおどしたりすることです。

たとえば

Aが持っている建物がほしいと思ったBが
Aにナイフを突きつけて「その建物を売らないと
殺すぞ!」とおどしました。

この投稿の続きを読む »

タグ

【中卒宅建講座】権利関係 『詐欺による意思表示の効果2』

応援クリックしていただけると嬉しいです↓

にほんブログ村 宅建試験

どうも。

中卒宅建講座講師のユウスケです。

前回では

「詐欺によって意思表示をした者は
 これを取消すことができる」

という話をしました。

今回はこの取消しを「第三者」にも
主張することができるか?

という話をしていきます。

この投稿の続きを読む »

タグ

【中卒宅建講座】権利関係 『詐欺による意思表示の効果』

応援クリックしていただけると嬉しいです↓

にほんブログ村 宅建試験

どうも。

中卒宅建講座のユウスケです。

今回は
『詐欺による意思表示の効果』
についてお話していきます。

前回お話したように
原則として『申込み』と『承諾』の意思表示の合致によって
契約が成立すると言いました。

この投稿の続きを読む »

タグ

独学の罠~貴方の時給は、200円?

応援クリックしていただけると嬉しいです↓

にほんブログ村 宅建試験

どうも。

中卒宅建講師のキヨシです。

宅建の勉強をする方法として

1.独学
 (自分ひとりで勉強をする。)

2.通信講座
 (学校には通わず、専用の教材で勉強する。)

3.通学講座
 (学校に通う。)

といった3つの方法があります。

この投稿の続きを読む »

タグ

2012年11月23日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:宅建の勉強法

このページの先頭へ