【中卒宅建講座】重要過去問 『危険負担』 H19 問10

応援クリックしていただけると嬉しいです↓

にほんブログ村 宅建試験

どうも。

中卒宅建講座講師のユウスケです。

今回は

『危険負担』

に関する過去問である平成19年の問10
について解説していきます。

【問10】平成19年9月1日にA所有の甲建物につきAB間で売買契約が成立し、
当該売買契約において同年9月30日をもってBの代金支払と引換えにA
は甲建物をBに引き渡す旨合意されていた。この場合に関する次の記述
のうち、民法の規定によれば、正しいものはどれか。

この投稿の続きを読む »

タグ

【中卒宅建講座】 重要過去問 『解除』 H14 問8

応援クリックしていただけると嬉しいです↓

にほんブログ村 宅建試験

どうも。

中卒宅建講座講師のユウスケです。

今回は

『契約の解除』

に関する平成14年問8の過去問を
解いていこうと思います。

〔問8〕Aは,A所有の土地を,Bに対し,1億円で売却
    する契約を締結し,手付金として1,000万円を受領
    した。Aは,決済日において,登記及び引渡し等の
    自己の債務の履行を提供したが,Bが,土地の値下
    がりを理由に残代金を支払わなかったので,登記及
    び引渡しはしなかった。この場合,民法の規定及び
    判例によれば,次の記述のうち誤っているものはど
    れか。

この投稿の続きを読む »

タグ

【宅建 過去問解説】 『相殺』  H7 問8

応援クリックしていただけると嬉しいです↓

にほんブログ村 宅建試験

どうも。

中卒宅建講座講師のユウスケです。

今回は権利関係のなかで『相殺』に関する
平成7年度の問8の過去問について解説していきます。

〔問8〕 AがBに対して100万円の金銭債権,BがAに対して100万円の
同種の債権を有する場合の相殺 (AB間に特約はないものとする。)
に関する次の記述のうち,民法の規定及び判例によれば,誤っているも
のはどれか。

この投稿の続きを読む »

タグ

【宅建・過去問】 『同時履行の抗弁権』  H11 問8

応援クリックしていただけると嬉しいです↓

にほんブログ村 宅建試験

こんにちは

中卒宅建講座講師のユウスケです。

今回は権利関係のなかで『同時履行の抗弁権』に関する
平成11年度の問8を解説していきます。

〔問8〕 同時履行の抗弁権に関する次の記述のうち,民法の規定及び判例
によれば,誤っているものはどれか。

この投稿の続きを読む »

タグ

【宅建・過去問】 『同時履行の抗弁権』  H15 問9

応援クリックしていただけると嬉しいです↓

にほんブログ村 宅建試験

こんにちは(´0ノ`*)

中卒宅建講座講師のユウスケです。

今回は権利関係のなかで『同時履行の抗弁権』に関する
平成15年度の問9を解説していきます。

〔問9〕 同時履行の関係に関する次の記述のうち,民法の規定及び判例に
     よれば,誤っているものはどれか。

この投稿の続きを読む »

タグ

【宅建・過去問】 『弁済』  H11 問5

応援クリックしていただけると嬉しいです↓

にほんブログ村 宅建試験

こんにちは

中卒宅建講座講師のユウスケです。

今回は権利関係のなかで『弁済』に関する
平成11年度の問5を解説していきます。

〔問5〕 Aが,Bに対して不動産を売却し,所有権移転登記及び引渡しをした
場合のBの代金の弁済に関する次の記述のうち,民法の規定及び判例
によれば,誤っているものはどれか。

この投稿の続きを読む »

タグ

【宅建・過去問】 『弁済』  H17 問7

応援クリックしていただけると嬉しいです↓

にほんブログ村 宅建試験

こんにちは

中卒宅建講座講師のユウスケです。

今回は権利関係のなかで『弁済』に関する
平成17年度の問7を解説していきます。

【問7】Aは、土地所有者Bから土地を賃借し、その土地上に建物を所有して
    Cに賃貸している。AのBに対する借賃の支払債務に関する次の記述
    のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものはどれか。

この投稿の続きを読む »

タグ

権利関係 重要過去問題 『代理』  H19 問2

応援クリックしていただけると嬉しいです↓

にほんブログ村 宅建試験

どうも。

中卒宅建講座講師のユウスケです。

今回は権利関係の中の『代理』についての
重要過去問題を解説していきます。

【問2】Aは不動産の売却を妻の父であるBに委任し、売却に関する代理権
をBに付与した。この場合に関する次の記述のうち、民法の規定に
よれば、正しいものはどれか。

この投稿の続きを読む »

タグ

権利関係 重要過去問題 『代理』  H16 問2

応援クリックしていただけると嬉しいです↓

にほんブログ村 宅建試験

どうも。

中卒宅建講座講師のユウスケです。

今回は権利関係の中の『代理』についての
重要過去問題を解説していきます。

〔問2〕B所有の土地をAがBの代理人として,Cとの間で売買契約を締結
した場合に関する次の記述のうち,民法の規定及び判例によれば,
正しいものはどれか。

この投稿の続きを読む »

タグ

権利関係 重要過去問題 『代理』  H18 問2

応援クリックしていただけると嬉しいです↓

にほんブログ村 宅建試験

どうも。

中卒宅建講座講師のユウスケです。

今回は権利関係の中の『代理』についての
重要過去問題を解説していきます。

【問2】AはBの代理人として、B所有の甲土地をCに売り渡す売買契約
をCと締結した。しかし、Aは甲土地を売り渡す代理権は有して
いなかった。この場合に関する次の記述のうち、民法の規定及び
判例によれば、誤っているものはどれか。

この投稿の続きを読む »

タグ

このページの先頭へ