【中卒宅建講座】パチプロキヨシ流、過去問攻略

応援クリックしていただけると嬉しいです↓

にほんブログ村 宅建試験

どうも。

中卒宅建キヨシです。

今回は過去問攻略法をお伝えします。

前回もお伝えしたように

過去問は1問ずつではなく、必ず4肢全ての
肢を解けるように繰り返し学習をしなければ
なりません。

中途半端な知識が1番危ないので
1肢1肢しっかり学習することが大切です。

特に民法の場合は図が書けるようにしておけば
問題が変わっても対応ができるので
民法では図を書くクセをつけましょう。

ただ繰り返し繰り返し過去問を解くには
それなりの時間がかかります。

忙しいサラリーマンの方や主婦の方などは
『そんなに時間をつかえないよ』
という方もいらっしゃると思います。

僕も勉強する時間がなかったけど合格しました。

これにはコツがあって
過去問を3回から5回1肢1肢繰り返し解いていると
よく解ける肢と解けない肢がでてきます。

問題を解く時はこれは正しい肢だから○
誤った肢だから×を書くんですけど

この○×は問題のすぐ横に書くんではなくて
別のノートとかに書いていきます。

すぐ横に書いていると次に問題を解く時に
答えがわかってしまい、学習にならないからです。

たとえばよく理解ができ、解けている肢については
×○○○○とかになりますよね。

こういった問題はもう理解ができ頭の中にしっかり
インプットされているので、もう切り捨てます。

逆に解けていない肢については
××○××とかになっています。

こうなっているとこの肢はあなたの弱点なので
テキストにもどってシッカリ基礎をかためるとか
試験直前期には中心的に復習すると効果的です。

こうすればどんどん解く過去問の数が減っていき
短い時間で1周することができるようになります。

さらに過去問の中にはすごく難しい問題や繰り返し
出されない問題もあるので、そういった問題は
はじめから完全に切り捨てます。

まとめると

1.過去問が重要

2.過去問を肢ごとに解く

3.おぼえる必要のない問題を切り捨てる

あとは小さなスキマ時間、たとえば待ち合わせの
待ち時間や会社の休憩時間などに1問だけ解いていく。

この小さな積み重ねも大事です。

今回もわかりやすく動画を作りました。

【中卒宅建講座】パチプロキヨシ流、過去問攻略



★「今日の記事は役に立った!」という場合には、

ぜひクリックしていただけると助かります↓

にほんブログ村 資格ブログ 宅建試験へ

にほんブログ村

宅建についてご質問があれば

tyuusotutakkenn@gmail.com

までお願いします。

できるだけ具体的にして頂けると助かります。

最後まで読んでくれて有難うございました。

それでは、また更新します。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

          

あわせてに読みたい関連記事

          

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ