権利関係 重要過去問題 『代理』  H20 問3

応援クリックしていただけると嬉しいです↓

にほんブログ村 宅建試験

どうも。

中卒宅建講座講師のユウスケです。

今回は権利関係の中の『代理』についての
重要過去問題を解説していきます。

【問3】AがBの代理人としてB所有の甲土地について売買契約を締結した
場合に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正し
いものはどれか。

★1 Aが甲土地の売却を代理する権限をBから書面で与えられている場合、
A自らが買主となって売買契約を締結したときは、Aは甲土地の所有権を当然
に取得する。

[☆解説]

代理人自身が契約の相手方になることは自己契約になります。

【自己契約は原則禁止】されており、このような行為は
無権代理となります。代理人Aが自ら買主となる売買契約を締結しても
無権代理となり、Aは当然には甲土地を取得することはできません。

よって「当然に取得する」とするこの問題は誤りです。

ちなみに自己契約は
【本人があらかじめ許諾をした場合】や【債務の履行】については
許されます。

★2 Aが甲土地の売却を代理する権限をBから書面で与えられている場合、
AがCの代理人となってBC間の売買契約を締結したときは、Cは甲土地の所
有権を当然に取得する。

[☆解説]

代理人が、本人と相手方の双方の代理人になることは双方代理になります。

【双方代理は原則禁止】されており、このような行為は
無権代理となります。代理人Aが、本人Bと相手方Cの双方の代理人となって
売買契約を締結しても無権代理になります。

なので、相手方Cは当然には甲土地を取得することはできません。

よって「当然に取得する」とするこの問題は誤りです。

ちなみに双方代理は
【本人があらかじめ許諾をした場合】や【債務の履行】については
許されます。

★3 Aが無権代理人であってDとの間で売買契約を締結した後に、Bの死亡
によりAが単独でBを相続した場合、Dは甲土地の所有権を当然に取得する。

[☆解説]

【無権代理人が本人を単独で相続した時は当然に有効な代理行為となります】

本人Bが死亡し、無権代理人Aが単独で相続をしているので、この売買契約は
当然に有効となります。

なので、相手方Dは当然に甲土地を取得できます。

よって「当然に取得する」といっているこの問題は正しいです。

★4 Aが無権代理人であってEとの間で売買契約を締結した後に、Aの死亡
によりBが単独でAを相続した場合、Eは甲土地の所有権を当然に取得する。

[☆解説]

【本人が無権代理人を単独で相続した時は当然に有効とはならない】

無権代理人A死亡し、本人Bが単独で相続しているので、本人Bは追認を
拒絶することができます。

なので、この売買契約は当然には有効にはならず
相手方Eは当然には甲土地を取得することはできません。

よって「当然に取得する」といっているこの問題は誤りです。

今回もわかりやすく動画を作成しました。

【中卒宅建講座】権利関係 重要過去問題 『代理』  H20 問3



★「今日の記事は役に立った!」という場合には、

ぜひクリックしていただけると助かります↓

にほんブログ村 資格ブログ 宅建試験へ

にほんブログ村

宅建についてご質問があれば

tyuusotutakkenn@gmail.com

までお願いします。

できるだけ具体的にして頂けると助かります。

最後まで読んでくれて有難うございました。

それでは、また更新します。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

          

あわせてに読みたい関連記事

          

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ