権利関係 重要過去問題 『代理』  H19 問2

応援クリックしていただけると嬉しいです↓

にほんブログ村 宅建試験

どうも。

中卒宅建講座講師のユウスケです。

今回は権利関係の中の『代理』についての
重要過去問題を解説していきます。

【問2】Aは不動産の売却を妻の父であるBに委任し、売却に関する代理権
をBに付与した。この場合に関する次の記述のうち、民法の規定に
よれば、正しいものはどれか。


今回の講義をわかりやすく動画にしたのはコチラ

             



【中卒宅建講座】権利関係 重要過去問題 『代理』  H19 問2

★1 Bは、やむを得ない事由があるときは、Aの許諾を得なくとも、復代
理人を選任することができる。

[☆解説]
復代理とは、代理人がさらに代理人を選任することです。

復代理人はあくまで本人の代理人であることに注意してください。

この問題のように、代理をお願いして代理権を与えたような場合である
任意代理の場合には【本人の許諾を得たとき】か
【やむを得ない事由があるとき】に限定して復代理人を選任できます。

したがって、代理人Bは、やむを得ない事由があるので
本人Aの許諾をうけなくても復代理人を選任することができます。

よって「選任することができる」とするこの問題は正しいです。

★2 Bが、Bの友人Cを復代理人として選任することにつき、Aの許諾を
得たときは、Bはその選任に関し過失があったとしても、Aに対し責任を負
わない。

[☆解説]
法廷代理の場合は、復代理の代理行為について
【原則として全責任を負う】となっていますが
この問題のように任意代理の場合は、復代理の代理行為について
【原則として選任、監督についてのみ責任を負う】
となっています。

選任、監督についてのみとは、誰を復代理人に選ぶのかということ
または、復代理人に対する監督に不注意があった場合に責任を負う
ということです。

なので原則として復代理人がした行為自体に責任を負うことは
ないということです。

代理人Bが、復代理人Cの選任につき過失があるので代理人Bは
本人Aに対して責任を負います。

よって「負わない」とするこの問題は誤りです。

★3 Bが、Aの許諾及び指名に基づき、Dを復代理人として選任したとき
は、Bは、Dの不誠実さを見抜けなかったことに過失があった場合、Aに対
し責任を負う。

[☆解説]
任意代理の場合は、復代理の代理行為について
【原則として選任、監督についてのみ責任を負う】
となっていますが、
【例外として、本人の指名に基づいて】復代理人を選任した場合は
復代理人が不適切であるか不誠実であることを知りながら、その旨を
本人に通知し、または復代理人を解任することを怠った場合に限り
本人に対して責任を負います。

代理人Bが、本人Aの指名に基づいて復代理人Dを選任したときは
代理人Bは、復代理人Dが不適切や不誠実であること知っていて
さらにその事を本人Aに教えてあげなかったり、復代理人Dを解任
しなかったときにだけ、代理人Bは本人Aに対して責任を負います。

代理人Bは復代理人Dが不誠実だということを見抜けなかった、
要は知らなかったので、代理人Bは責任を負いません。

よって「責任を負う」としているこの問題は誤りです。

★4 Bが復代理人Eを適法に選任したときは、EはAに対して、代理人と
同一の権利を有し、義務を負うため、Bの代理権は消滅する。

[☆解説]
復代理人を選任するのは代理人であり、復代理人は
代理人の代理権に基づくため

①復代理人の権限は、代理人がもっている代理権の範囲内に限られる

②代理人の代理権が消滅すると、復代理人の代理権も消滅する

③復代理人を選任しても、代理人の代理権は消滅しない

となっています。

なので、代理人Bが復代理人Eを選任したとしても
代理人Bの代理権は消滅しません。

よって「消滅する」としているこの問題は誤りです。

★「今日の記事は役に立った!」という場合には、

ぜひクリックしていただけると助かります↓

にほんブログ村 資格ブログ 宅建試験へ

にほんブログ村

宅建についてご質問があれば

tyuusotutakkenn@gmail.com

までお願いします。

できるだけ具体的にして頂けると助かります。

最後まで読んでくれて有難うございました。

それでは、また更新します。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

          

あわせてに読みたい関連記事

          

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ