宅建一発合格のための下準備1

応援クリックしていただけると嬉しいです↓

にほんブログ村 宅建試験

こんにちは。

中卒宅建講座講師のゆうすけです。

よろしくおねがいします。

はじめに

この動画を見ている方のなかには

『全く宅建の勉強をしたことがない人』

『勉強したことがある人』

『試験を受けたことがあるひと』

など様々な人がいると思いますが、この中卒宅建講座は
『全く宅建の勉強をしたことがない人』用に作られています。

動画でわかりやすくお話します。

わからない事があったら質問もできます。

なので初めて宅建の勉強をする方も安心して
動画を見ていただけます。

宅建試験について

宅建試験は例年10月の第3日曜日に実施されます。

時間は午後1時から3時までの2時間です。

試験の方法は4肢択一でマークシート方式です。

試験の範囲はおよび出題数は

『権利関係』から14問

『宅建業法』から20問

『法令制限』から8問

『税その他』から8問

合計50問が出題されます。

『権利関係』とは主に民法のことです。

民法とは人と人の間のことを規律する法律です。

民法の内容自体は難しくありませんが
理解を要するジャンルなので、早い段階から
学習をはじめると楽になります。

『宅建業法』とは不動産屋などを規律する
法律の1つです。この宅建業法があるおかげで
私たちは公平に土地や建物の売買などを
する事ができます。

『法令制限』とは所有権を制限する法律のことです。

所有権とは例えば、あなたが買ってもっている携帯電話は
あなたのものなので、『この携帯電話はわたしのものだ』
といえる権利を所有権といいます。不動産の場合には

この所有権があるていど制限されてしまいます。

『税その他』とは税金のことや
建物の工事の仕方などです。

今回もわかりやすく動画を作成しました。

宅建一発合格のための下準備1



★「今日の記事は役に立った!」という場合には、

ぜひクリックしていただけると助かります↓

にほんブログ村 資格ブログ 宅建試験へ

にほんブログ村

宅建についてご質問があれば

tyuusotutakkenn@gmail.com

までお願いします。

できるだけ具体的にして頂けると助かります。

最後まで読んでくれて有難うございました。

それでは、また更新します。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

          

あわせてに読みたい関連記事

          

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ