一発で宅建を合格する為に、テレビを観てはいけない4つの理由

<応援クリックしていただけると嬉しいです↓

にほんブログ村 宅建試験

どうも。

中卒宅建キヨシです。

今回はあなたが宅建に合格するために
削るべきことをお伝えしていきます。
削るべきもののなかで最たるものが

テレビです。

時間がメチャクチャあるならば別でしょうけど
そうでなければテレビはみないってことです。

その理由というのが

1つ目は

テレビというのは無料の媒体です。

あなたもご存知のとおりCMで成り立っています。

CMのスポンサーで成り立っているので
結構、普通の情報でも困惑する場合があります。

たとえば島田紳助のことが好きか嫌いかと100人に聞いたとして
50人ずつ半分に分かれているとします。

しかしスポンサーが島田紳助のことが嫌いで
嫌いと答えている映像だけを流すことが可能です。

そうすると本当は五分五分なのにみんなが嫌いなので
なんとなくそうなのかなとなってくるわけです。

こんな風にテレビにはいろいろな罠があります。

結局スポンサーのダメなものはダメになってしまいます。

スポンサーの利益を考えた番組構成になるので
情報自体が正確性に欠けることはよくあります。

2つ目は

ただそれだけではなくて
面白いから笑うというのはまだいいと思いますけど
最近のニュースはバラバラ殺人事件だの
不景気だの暗い話題が多いですよね。

朝からそんな番組を見ると
たとえば「リストラ500人!!」とかいうのをみてしまうと
俺もリストラになるんじゃないか、となり易いです。

最近はマイナスの情報が多いのでなおさら見ないほうが
いいですね。

みたとしてもどうすることも出来るわけではないし
思い込むことによってマイナスになる確率が
高くなるだけですね。

なので見ないほうがいいと思います。

3つ目は

「テレビを見ないと話題についていけないよ」
と言う人がかなりいますけど

話題とかいらないんですよね。

これがやり手の営業マンだったりすると話は変わってきますが
それを言い訳としてテレビを見ている人がいます。

話が通じないからとか言って。

話は通じますよ。

僕自身最近ももいろクローバーを知ったんですけど
別に知らなくても生きていけますし
会話も成立します。

政治も4年くらい前から見るのをやめましたね。

見なければ政治に疎くなるとか言われてますけど
原理原則さえ押えておけば問題ないです。

なんちゃら総理が変わったからといって僕の生活が
変わるわけでもないですし。

重要なのは、大事なことは周りの人が知っているので
もしあなたが知らなければ「なんなのそれ?」と聞けば
その人が得意げに話してくれるので
そこで知りうる情報というのはわかるわけなんですよね。

みんなが知っている情報をわざわざあなたが時間をかけて
知るのは効率が悪いと思います。

4つ目は

やはり時間がもったいないということです。

テレビというのは長い時間みてもらいたいので
長い時間みてもらうための技術には長けています。

「このあとの続きは~」とか言われたら気になりますよね。

テレビのうまさはテレビを見続けさせるノウハウは
すごいあります。

頭のいい人が切り口とかキャッチフレーズとかを考えて
長く見せていくというコンテンツなんですね。

この辺はマーケティングとかになります。

この部分を勉強するならばいいのでしょうけど
普通は宅建試験だとか受験生には何の関係も無く
まったく必要がありません。

ついついテレビをつけて時間を浪費してしまうので
テレビはつけないのがいいということですね。

最後に

それでもお笑いとかすごいものがありますよね。

やっぱりおもしろいですし。

さらにはいつもいつも勉強や仕事でつかれた頭も
たまにはリフレッシュさせることも大事です。

その場合、どうしても見たい番組があるときは
録画をすることをおススメします。

働いて勉強しているのであなたの頭の中は
情報でいっぱいになっているはずです。

そのなかにわけのわからない情報を入れない
ってことです。

いらない情報を入れないほうが頭の中が整理されて
行動しやすくなり、行動するから結果がでやすくなります。

入れない情報をあなたが全く知らなかったとしても
宅建試験は合格しますし

知らないからといってあなたの人生に甚大な被害が
でるわけでもありません。

時間は限られています。

有効に使うことをおススメします。

今回のわかりやすく動画を作成しました。

一発で宅建を合格する為に、テレビを観てはいけない4つの理由



★「今日の記事は役に立った!」という場合には、

ぜひクリックしていただけると助かります↓

にほんブログ村 資格ブログ 宅建試験へ

にほんブログ村

宅建についてご質問があれば

tyuusotutakkenn@gmail.com

までお願いします。

できるだけ具体的にして頂けると助かります。

最後まで読んでくれて有難うございました。

それでは、また更新します。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

          

あわせてに読みたい関連記事

          

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ