【中卒宅建講座】権利関係 『債務不履行とは?』

応援クリックしていただけると嬉しいです↓

にほんブログ村 宅建試験

どうも。

中卒宅建講座講師のユウスケです。

今回は
債務不履行』についてお伝えしていきます。

債務不履行とは読んで字のごとく、債務を履行しない(不履行)
ということです。

今回の講義をわかりやすく動画にしたのはコチラ

             



【中卒宅建講座】権利関係 『債務不履行とは?』

契約などをした場合に、債務者は債務を履行しなければなりません。

たとえば、Aが、持っている建物を、Bに1000万円で売却し
1ヵ月後に建物を引き渡すという契約をしたとします。

この場合

Aは、「Bに建物を引き渡さなければならない」
という債務を負います。

Bは、「Aに1000万円を支払わなければならない」
という債務を負います。

Aが建物を引き渡さなかったり、Bが1000万円を支払わなかったり
することを「債務不履行」といいます。

このように約束を破って、債務を履行をしないのですから
なにかしらの罰は受けても仕方がありません。

具体的には

債権者から損害賠償を請求されたり
契約を解除されたりすることになります。

債務不履行には
『履行遅滞』『履行不能』という種類があります。

履行遅滞とは

履行は可能だが、決められた時までに、履行をしない場合です。

上記の例でいうと、AはBに建物を引き渡そうと思えば引き渡せるのに
1ヶ月過ぎても引き渡さないような場合です。

履行不能とは

履行が不可能になった場合です。

上記の例でいうと、Aの火の不始末により建物が燃えてしまって
建物自体がなくなってしまい、引き渡すこと自体が不可能に
なったような場合です。

このように債務を履行しないことを債務不履行といい
債務不履行には履行遅滞と履行不能があることを
覚えておきましょう。

★「今日の記事は役に立った!」という場合には、

ぜひクリックしていただけると助かります↓

にほんブログ村 資格ブログ 宅建試験へ

にほんブログ村

宅建についてご質問があれば

tyuusotutakkenn@gmail.com

までお願いします。

できるだけ具体的にして頂けると助かります。

最後まで読んでくれて有難うございました。

それでは、また更新します。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

          

あわせてに読みたい関連記事

          

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ