独学の罠~貴方の時給は、200円?

応援クリックしていただけると嬉しいです↓

にほんブログ村 宅建試験

どうも。

中卒宅建講師のキヨシです。

宅建の勉強をする方法として

1.独学
 (自分ひとりで勉強をする。)

2.通信講座
 (学校には通わず、専用の教材で勉強する。)

3.通学講座
 (学校に通う。)

といった3つの方法があります。


今回は上の3つのうちどの方法が現実的なのか
ということをお伝えします。

今の社会においてまず絶対におススメできないのが独学。

独学のメリットとしては費用が安いくらいしかなく
あとはデメリットばかりです。

デメリットは、理解がしにくく、時間がかかり、わかりづらい
という点です。さらには

理解がしにくいのでわからない、
   ↓ ↓ ↓
わからないからやる気がでない、
   ↓ ↓ ↓
やる気がでないからやめてしまう。

といった流れになりやすいわけです。

その点、通信や通学では教材自体がわかりやすくなっているし
わからない事があった場合に、質問ができ、細かく教えて
もらえるので、独学に比べると時間も半分くらいに短縮できます。

なので理解もしやすく、無理なく続けられます。

(独学)に比べて(通信、通学)のほうが
1.わかりやすく説明してくれる

2.サポート体制がしっかりしている

3.わからない事があったらすぐに教えてもらえる
4.理解しやすい

5.なので勉強する時間が半分くらいに短縮できる

といった感じではないでしょうか。

宅建は一般的には300時間必要といわれていますので
独学だと600時間くらい必要になってしまう
ということです。

独学の人は余分に300時間勉強することになります。

通信講座だと5万円くらいで受講できます。
ここで、この5万円はもったいないから

『払わず独学で600時間勉強するか』

300時間ほかのことに使いたいから
 
『5万円払って300時間勉強するか』

どっちが現実的でお得か考えてみてください。

ピンとこない人のために言い方をかえてみると
あなたは300時間という時間を5万円で
買いますか?ということです。

通常600時間かかるところを5万円払えば
300時間に短縮できるということは、
独学の人より300時間余分に他のことが
できるということなんです。

1時間あたり200円以下!

もしあなたがガンで明日死ぬと宣告されたとします。

でも神様が1時間200円で売ってあげますと言ったら
絶対に『買い』ですよね。

買わないと絶対に損です。

なので独学は損をする事が大きいので
絶対におススメしません。

通学講座もおすすめしません。

もちろん通学のよさもあるんでしょうけど、
家から遠いところにあるとか

通学のする時間がもったいないとか

駐車場代がかかるとか
あるので

結局はその時間を勉強に費やしたほうがいい
ということがあります。

昔は通学のほうが合格しやすかったかもしれませんが
今の通信講座はかなり進化していて短い時間で
合格をめざせるのでおススメかなぁと思います。

宅建合格があなたの人生のゴールではないはずです。

宅建をとって就職をするとか

宅建をとって次の資格試験のステップアップをするとか

色々な目標や夢があるとおもいます。

宅建合格とはそのための第一歩目なので
そんなところにたくさんの時間を費やしてしまうのは
効率的とはいえませんよね?

時間は無限ではありません。有限なのです。

なので自分に多少の投資をしてできるだけ短い期間で
合格することが大切なことです。

僕も独学なら絶対に合格してなかったと思います。

なので僕個人的には通学なり、通信講座を受けることを
おすすめします。

今回もわかりやすく動画をつくりました。

【中卒宅建キヨシ】独学の罠~貴方の時給は、200円?



★「今日の記事は役に立った!」という場合には、

ぜひクリックしていただけると助かります↓

にほんブログ村 資格ブログ 宅建試験へ

にほんブログ村

宅建についてご質問があれば

tyuusotutakkenn@gmail.com

までお願いします。

できるだけ具体的にして頂けると助かります。

最後まで読んでくれて有難うございました。

それでは、また更新します。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

          

あわせてに読みたい関連記事

          

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ