宅建を勉強する時の具体的なステップとは

応援クリックしていただけると嬉しいです↓

にほんブログ村 宅建試験

どうも。

中卒宅建講師のキヨシです。

今回はどういう風に宅建の勉強していけば
いいのかということをお伝えします。

順番てきには『権利関係』から始めるのが
おすすめです。


まずテキストを読むんですけど
テキストを読んだだけでは
点数はとれません。

これは当たり前のことです。

人間の脳は忘れるようにできているので
テキストを読んだだけでは点数はとれないのです

点を取るには実際に過去問をとくことです。

過去問とは、過去に出題された問題のことです。

宅建試験は全体の約9割が過去に出題されたこのある
問題と同じ内容の問題が出題されます。

なので過去問を解けるようになると
点数がとれるようになります。

だいたい過去10年分の過去問がとけるように
なれば合格します。

テキストを読んで、過去問をといて、わからない
所がでてきたらテキストにもどって。

この繰り返しが点数の取り方です

よく『何回くらい繰り返せばいいですか』
という質問を受けます。

目安としては5回から10回です。

やってはいけないのは、テキストを時間をたくさん
つかって100%おぼえてから過去問を解くということです。

この方法はおぼえにくいし、時間がかかりすぎます。

権利関係なら権利関係のテキストを一通りさっと目を通して
過去問をといてくいださい。

はじめのうちは解けませんが、繰り返すうちに
とけるようになります。

解けないことは気にしなくて大丈夫です。

もうひとつよくあるまちがいが

宅建の出題方式は4肢択一式なので
1つの問題に選択肢が4つあります。

もちろん答えは1つなんですけど、
その1つの答えが解けたから過去問が解けた
ということにはなりません。

選択肢すべての正誤の判断ができるように
ならなければいけません。

問題を1問解くのではなく
問題の中の選択肢4つ全てをわかるように
学習しなければなりません。

この学習方法は絶対に間違ってはいけないので
確実におぼえておいてください。

今回もわかりやすく動画を作成しました。

【中卒宅建講座】宅建を勉強する時の具体的なステップを公開



★「今日の記事は役に立った!」という場合には、

ぜひクリックしていただけると助かります↓

にほんブログ村 資格ブログ 宅建試験へ

にほんブログ村

宅建についてご質問があれば

tyuusotutakkenn@gmail.com

までお願いします。

できるだけ具体的にして頂けると助かります。

最後まで読んでくれて有難うございました。

それでは、また更新します。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

          

あわせてに読みたい関連記事

          

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ