【中卒宅建講座】シンプル解説 『債権』と『債務』

応援クリックしていただけると嬉しいです↓

にほんブログ村 宅建試験

どうも。

中卒宅建講座講師のユウスケです。

今回は、権利関係を学習していく上で

いろいろな場面で登場する

債権』と『債務』という用語について

お伝えしていきます。


今回の講義をわかりやすく動画にしたのはコチラ

             



【中卒宅建講座】シンプル解説 『債権』と『債務』

たとえば
Aが持っている建物を1000万円でBに売る契約をした
という事例で考えていきましょう。

契約というのは約束なので守らなければなりません。

Aは建物をBに引き渡さなければならないし
Bは1000万円をAに支払わなければなりません。

このように、~しなければならないというような
義務のことを債務といいます。

この事例では

Aは建物をBに引き渡さなければならないという
債務を負っていますし

Bは1000万円をAに支払わなければならないという
債務を負っている事になります。

債務を負っている人のことを債務者といいます。

また

AはBに対して1000万円を支払うように要求
することができますし

BはAに対して建物を引き渡すように要求
することができます。

このように、要求することができる権利のことを
債権といいます。

この事例では

AはBに対して1000万円を支払うように要求
することができるという債権を持っていますし

BはAに対して建物を引き渡すように要求
することができるという債権をもっています。

債権を持っている人のことを債権者といいます。

このような売買契約では
AもBも、債権者でもあるし債務者でもあります。

混乱しないように気をつけましょう。

★「今日の記事は役に立った!」という場合には、

ぜひクリックしていただけると助かります↓

にほんブログ村 資格ブログ 宅建試験へ

にほんブログ村

宅建についてご質問があれば

tyuusotutakkenn@gmail.com

までお願いします。

できるだけ具体的にして頂けると助かります。

最後まで読んでくれて有難うございました。

それでは、また更新します。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

          

あわせてに読みたい関連記事

          

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ